お釈迦様が悟りを開かれたインド、
ブッダガヤの大塔が刻まれた正面拝殿。
ここはご遺骨をお預かりするだけの
単なる納骨スペースではありません。

鎌倉の昔、伝説の舞姫、虎御前(とらごぜん)が
19歳で尼になり、曾我兄弟の菩提を弔い一生を
終えた法虎庵(ほうこあん)があった所です。

この伝説の地に永遠の安らかな眠りをお守りする
施設として造られたものです。
中央の慈母観音様はお釈迦様の化身として
ここに眠る全ての方々をお守り下さる菩薩様です。


慈母観音


納骨堂内部1


納骨堂内部2


涅槃 【1段】


寂光 【5段】


甘露 【2段】


中道 【3段】

■ 永代供養墓としてのご使用

【32年間の管理費、お盆、春秋彼岸の供養料、1周忌~33回忌供養料を含む】
・お一人 「寂光」 【5段式】 43万円(一番下40万円)

・お二人 「蓮華」 【3段式】 87万円(下段82万円)

・お三人または四人

上下段二段式 「甘露」 110万円(3人まで、下段は100万円)
一段式 「涅槃」 132万円(4人以上、3人まで)


また、期間を定めてご遺骨をお預かりすることも可能です。